生命保険は成人した方は入るのは多いですが、では、子供は何歳から入るべきなのかという私自身の考え方です。

子供に対しての生命保険の必要性
子供に対しての生命保険の必要性

生命保険を入るのに子供は何歳から

生命保険はいったい何歳から入ればいいのかという疑問があります。
今は子供が産まれてすごく悩んでいます。
私自身が生命保険に入ったのは20歳になった時でした。
会社で保険会社の方にすすめられて訳もわからず入りました。

しかしながら、途中で必要ないだろうということで解約をしました。
その時はそれでよかったのですが、40歳になって今は生命保険をやはり2つ入っています。
医療保険と生命保険と入った理由は家族のためにです。

ですが、子供の生命保険は必要なのかということを考えると最近は学資保険とかもありますが、必要ないのではないだろうかと考えることが多いです。
その理由としては子供がなくなることを前提に生命保険には入らないので必要ないと感じてしまいます。

ですが、最近は少し考え方も変わることがあります。
最終的に怪我や病気は必ずするわけですから、そういうのに力を入れた生命保険に入るべきになのかもしれないと考えることがあります。
また、子供が大きくなったときにはすでに払い込みが終了しているように入ることもできるそうで、資産を残すよりもいいのかもしれないと考えることがあります。


実際問題として、今は0歳児になんで生命保険には加入していませんが、子供手当を原資に保険に加入するのもいいかなと思います。
先進治療とかいろいろな保険がある中でいろいろ悩むことがありますが、私は無駄な生命保険に入るよりは、もっと有効活用のできる保険にはいるべきなのではないかなと考えることが多いです。

Copyright (C)2017子供に対しての生命保険の必要性.All rights reserved.