上の子が2歳の時に初めて子供の生命保険に加入しました。今では2人目の子供も加入しています。

子供に対しての生命保険の必要性
子供に対しての生命保険の必要性

子供の生命保険加入検討について

私は現在29歳男性で、3歳の女の子と6カ月の男の子の父親です。
上の子が2歳になるまで生命保険には加入していませんでした。
その理由としては、子供が産まれたことによって私自身の生命保険を見直して、条件が良いものにしたために金額が上がり生活が少し苦しくなったために、子供の生命保険は先延ばしにしていました。
生活もある程度落ち着き、貯金も出来てきたので、遅かったのですが子供を生命保険に加入させることにしました。
子供の保険についてはあまり知識はなく、今自分や妻が加入している保険屋さんに実際に家に来てもらい、詳しいプランや見積もりを出してもらいました。
そのさいに学資保険も同時に検討し加入しました。
私は話を聞くまでは子供の生命保険も高いイメージがあったのですが、実際に見積もりなどをみると、保障をしっかりつけても月々の支払金額は安く、驚きました。

私の場合学資保険にも同時に加入したために、保障内容などが少し重なるところもあり、上手に色々と保険屋さんがプランを考えてくれて3つほど選択できるようにしてくれ一つに決めました。
今では2人目の子どもも生命保険学資保険ともに加入させています。
今後、子供に何があるか分からないために、あってほしくないですがもしもの時のために保険に加入し少しでも安心出来たらと思っています。
おかげで保険に加入する前よりは、少し子供の将来に対しても安心できるようになったと感じています。
毎月しっかりと仕事を頑張り保険料を払っていきたいと思います。

Copyright (C)2017子供に対しての生命保険の必要性.All rights reserved.